海外で困らないWi-Fiレンタルサービス

海外渡航時のWi-Fiレンタルサービスを選ぶポイント

>

Wi-Fiレンタルサービスのデメリットは?

ちょっとした制限

Wi-Fiレンタルでは一日に使える通信料があるので、使いすぎてしまうと通信制限がかかってしまう場合があります。
一日に使い放題というわけではないのです。
Wi-Fiだからといってついつい使いすぎてしまうかもしれませんが。使用料を確認しながら使いましょう。
また、いちいちWi-Fiを持ち運ばなければいけなかったり、充電をしなければなりません。
お出かけの際にWi-Fiを忘れてしまったり、充電し忘れてしまうことも少なからずあります。
お出かけの際は必ず持ち運ぶようにしましょう。
Wi-Fiレンタルは少し面倒な部分がありますが、少し気にすることでこうしたことは防げます。
この二つのメリットに関しては、簡単に防ぐことができるのでデメリットというまでもない点かもしれませんね。

レンタルサービスのリスク

前述以外でのデメリットは、盗難、紛失のリスクがあります。
海外旅行では多くの荷物をもっていきますので、どこかに置き忘れてしまったということにもなりやすいです。
手軽に持ち運びができる反面、手軽さゆえに紛失の可能性もあるのです。
また海外では盗難の事例もあるようです。
海外では、警備がいき届いていなかったり、観光客を狙ったスリなどが少なからずあります。
ポケットWi-Fiを入れたカバンが盗まれてしまうこともあるのです。
持ち運ぶ際には2点のリスクを踏まえて行動することが重要です。
盗難や紛失の際に弁償代として、高額な料金が発生する可能性があります。
Wi-Fiレンタルサービスでは盗難や紛失に備えて保険などもありますので、そちらも併せて入っておくといいかもしれません。